スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルール改正ねえ?

フィギュアスケートのルール改正が浅田真央の進退に与える影響
THE PAGE 3月31日(月)1時33分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140331-00000002-wordleafs-spo

男子フリーの競技時間が短縮される?
 浅田真央と羽生結弦のアベック金メダルに沸いた世界選手権が閉幕した。これにて今シーズンのフィギュアスケートの公式戦はすべて終了した。

 今年は2年に一度の大幅なルール改正が行われる年であり、6月ごろに開催される国際スケート連盟(ISU)総会での決定が大いに注目される。選手にとっては来シーズン、あるいは2018年平昌五輪に向けてのプログラムの方向性を決める重要な決定だからだ。

 ISUでは2014/2015シーズンからの変更点について、すでに2012年6月の総会で決めていたものもある。その一つは、男女シングル、ペアの音楽が、アイスダンスと同じく、歌声の入った曲もOKとなること。これについては、町田樹が大きな関心を示し、「僕はそのルール改正を巧みに利用して、今のフィギュア界にない作品を作ろうと考えている。すでに構想はある」と話している。選手はルール改正には非常に敏感なのだ。

 また、次回のISU総会では、ショートプログラム(SP)の廃止と、男子フリーの時間短縮も検討されるだろうと予想されている。男子フリーは4分30秒。女子の4分と比べて30秒長いため、テレビ放映に要する時間が女子に比べて長くなってしまうのが悩みだった。短くすることによって、テレビ放映に収めやすいというメリットが出てくる。また、SPを廃止すればシニアとジュニアの同時開催が可能になるというメリットがあるという。

3回転ジャンプへのボーナス得点
 このようにさまざまな議論が予想される中、選手サイドからの観点で最も注目されるのは、なんと言っても採点方法だ。関係者によると、ここで新しい提案として持ち上がっているとされているのが、3回転ジャンプの種類を増やした場合の「ボーナス得点」である。

 ジャンプの種類の多さがボーナス得点につながるとなった場合、最も恩恵を受けるのは浅田だろう。代名詞でもあるトリプルアクセルは女子では浅田だけが跳べる伝家の宝刀。すでにフリーでは女子選手で史上初のエイトトリプル(3回転6種類を含む、計8度の3回転ジャンプ)を取り入れている浅田にとって、現状のままで得点が上がることになるのだ。

 そもそもトリプルアクセルの基礎点8.50点は、難度の高さや希少性を考えれば、コンビネーションジャンプの基礎点(例えば3回転ルッツ―3回転トゥーループの基礎点は10.10点)と比較した場合、低すぎるのではないかという声が多かった。リスクが高いのに割に合わないということで挑戦する選手そのもがいないということなのだ。

女子にも4回転時代がくる?
 女子シングルで日本人史上初となる3度目の金メダルに輝いた浅田は、最終日も取材に応じ、「自分にとって今シーズンは“金メダル”。今は、やりきったという思い」と言いながら、注目の続く去就問題に関しては「今すぐに答えを出す必要はないと思っている」と話し、現時点で“ハーフハーフ”であることに変化のないことを強調した。

 しかしその一方で、「ソチ五輪を集大成としたい」と語った昨年4月の国別対抗のときと比べ、ソチ五輪から帰国した際に「ハーフハーフ」と言った際の気持ちには違いがあったという本音も吐露した。

 現役続行か、引退か、あるいは休養宣言か。揺れる気持ちの片隅にあるかもしれないのが、このルール改正である。来シーズン以降のフィギュア界の展望について聞かれた浅田は、「男子も女子も毎年本当にレベルが上がってきている。女子でもトリプルアクセルを跳ぶ選手もたくさん出てくるのではないかと思いますし、もしかしたら女子にも4回転の時代がくるかもと思う」と話した。

 浅田の言葉はジャンプ採点のルール改正を直接指しているわけではないが、現行の採点ルールのままならトリプルアクセルに挑戦する選手が「たくさん」出てくるとは考えにくい。

 「最終的には自分がやるかやらないか、どれだけ目標を持っていけるかですし、やるならば、それだけの覚悟が必要。その決意ができればやりますし、そういう気持ちが湧き出てこなければできない。自分がやりたいと思えばやるんだと思います」

 果たして、ジャンプの採点基準が変わるとなれば、浅田の進退にも影響を及ぼす可能性はあるだろうか。

(文責・矢内由美子/スポーツライター)


一番の問題は「ジャッジの匿名性」でしょう。
誰が何点付けているかわからなければ、審判のやりたい放題です。
責任取らなくていいですから。

そして「ジャッジに抗議ができない」こと。
sochi123より
4. Protest restrictions
A. Figure Skating
i) No protests against evaluations by Referees, Judges and the Technical Panel (Technical Controller, Technical Specialists, Data & Replay Operator) of Skaters’ performances are allowed;

ii) Protests against results are permitted only in the case of incorrect mathematical calculation.
A wrong identification of an element or of a level of difficulty, although it results in a lower or higher score, is a human error and not an incorrect mathematical calculation;

iii) However, if the Referee learns:
a) Prior to the beginning of the award ceremony or prior to the official announcement of results if there is no award ceremony, that a human error relating to a wrong data input by the Data Operator occurred, the Referee may correct the error provided that the Technical Controller, both Technical Specialists and the Data Operator all agree that there was an error;
b) Within 24 hours after the award ceremony that an incorrect mathematical calculation occurred, the Referee may correct the calculation even without a protest provided that the Technical Controller, both Technical Specialists and the Data Operator all agree that there was such an incorrect calculation.
If such correction requires corrections of the final placements of the Skaters, the corresponding medals and/or awards shallbe changed accordingly;
c) If the situation under paragraph a) and b) arises the Referee shall make a short record in writing which has to be signed by all the Officials concerned.

抗議が認められているのは【数値計算上の誤り=足し算などの計算ミス】 だけ。
抗議は、競技終了後24時間以内であれば、選手やコーチ、チームリーダーが行うことが認められる。

●「要素の認定や技のレベル認定の誤り」は、それによって得点が上下することがあっても、「ヒューマン・エラー」であって「数値計算上の誤り」ではない。

●表彰式前に、レフェリー自身が「ヒューマン・エラー」に気づいた場合、 技術審判全員の了承を得た上で訂正することができる。
しかしこの場合の「ヒューマン・エラー」は、データの入力ミスに限られる。

●表彰式終了後24時間以内に、レフェリー自身が「数値計算上の誤り」に気づいた場合、 選手側からの抗議がなくても、技術審判全員の了承を得た上で訂正することができる。
これによって、 順位に変動が生じる場合には、新しい順位が有効となる。

>>>ISU Constitution and General Regulations 2012(PDFファイル)
 ※123条4項は120ページ。

このルールによって、一切の抗議ができません。
2009年にコストナー選手が抗議していますが、このルールを盾に却下されています。
「あんたたちもっと拡散しなさいよ」まとめより
09年ユーロ、コストナー選手のスピンを巡る判定
最終更新:fairjudgementfairjudgement 2014年01月22日(水) 02:33:01履歴

2009年欧州選手権女子FSカロリーナ・コストナー選手のスピンを巡る判定
International Figure Skating誌記事(魚拓)
当時のプロトコル
950a012cab8755a9.jpg

【動画】は削除されています

・1:36あたりに開始しているのがコンビネーションスピン
・2:42あたりに開始しているのが足換えありの単一シットスピン
問題となったのは2つ目のシットスピンで、これが「コンビネーションスピンの重複」と見なされてノーカウント判定となりました。
「コンビネーションスピン」の定義は「アプライト、シット、キャメルの3つの基本姿勢が入っていること」なのですが どう見てもシットポジしか入ってません。

最後に行っているのは姿勢をほどいてムーブメントに戻るファイナルワインドアップです。
なのにコンビネーションスピンと見なされて0点。

もちろんカロリーナはISUに抗議文を提出しました。でもISUは123条4項をたてに突っぱねて順位は銀メダルのままとしました。

【カロリーナの告知文より】
カロリナのFSのスピンが一つノーカウントとされた。これは彼女がミスをしたからではなく、
議論の余地のあるルールの解釈によりシットスピンがコンビネーションスピンとしてコールされたからである

カロリーナは結局泣き寝入りの銀。
フィンランド開催のユーロで優勝したのは地元のレピストでした。

レピスト167.32。
カロリーナ165.42。
その差1.90。スピンのノーカウント判定が大きく順位に影響した。

カロリーナが正当に足換えの単一シットスピンレベル3判定を受けていれば
基礎点1.80とGOEを得てレピストとは順位逆転、この大会で優勝するはずでした。


この「ファイナルワインドアップの動きはスピンのポジションには含めない」と明記されるようになったのは
1年以上も経った2010-2011年になってからの事です



しかしほかの競技ではどうでしょうか?
ロンドンオリンピックの体操男子団体で、審判に抗議したのは記憶に新しいです。
【ロンドン五輪】体操男子団体総合決勝!日本「物言い」で4位から銀メダルに内村「後味悪い」
2012年07月31日06時17分 / 提供:芸能ニュースラウンジ芸能ニュースラウンジ
http://www.mapion.co.jp/news/entertainment/nl-33140-all/

 ロンドンオリンピック大会4日目の30日、男子団体総合決勝が行われ、2大会ぶりに金メダルを目指す日本は、1度は4位と発表されたが、監督とコーチが抗議。これが「審議」の末、受け入れられ、逆転での銀メダルを獲得した。

 日本のメンバーは、エースの内村航平(=コナミ、23)、田中和仁(=徳洲会、27)、田中佑典(=コナミ、22)、山室光史(=コナミ、23)、加藤凌平(=順大、18)。

 予選での悪夢を忘れ、新たな気持ちで「ライバル中国」を打倒したいところだったが、山室光史(=コナミ、23)が2種目目の跳馬で足を痛めるアクシデントが起きる。それでも一丸となり、みんなでカバーしていく。

 その結果、日本は5種目を終え、中国に次いで2.577点差で2位。3位のウクライナと3.760差で最終種目の「あん馬」に逆転をかけたが、先に演技を終えた中国は275.997と得点を伸ばし終了。

 逆転するには高得点を出すしかなかったが、けがした山室に代わり出場した田中(和)が落下。この時点で、実質、日本の金メダルは消えた。続く加藤が成功し、最後の演技者であるエース・内村が13.966以上だと、日本の銀メダルが確定するという状況。

 誰もが、日本の「銀」は確定したと思われたが、フィニッシュの着地が乱れるミス。結果、13.466の合計271.252で、イギリスの271.711、ウクライナの271.526にも逆転され、まさかの4位でメダルなし。NHKも速報で「日本4位」と打ったほど。

 しかし、内村の点数は「フィニッシュの難易度が認定されていない。内村のフィニッシュは、倒立で上がった時点でC難度は認定されるべきだ。ミスはその後であって、倒立までは認めるべきだ」と主張(していると解説者)。

 「C難度」が認定されると、0.5点か0.6点になるという。そうなると、イギリスに逆転されることなく2位で銀メダルとなる。

 この主張に、審判団が集まり、パソコンの画面を静止画にするなどして、審議されている様子がテレビ画面に映し出される。日本チームはもちろん、イギリスもウクライナも、会場中が固唾を飲んで見守る。

 内村を始め日本男子体操チームは、椅子に座ったままガックリと肩を落とし、じっと結果を待つ。重苦しい空気の中、「C」と口が動き、うなずくコーチの顔のアップや「審議が受理された」との電光掲示板の映像がテレビ画面に映し出される。そして…この主張が認められトータル271.952となり、逆転銀メダルを獲得した。

 会場は、イギリスのメダルが「銀」から「銅」にかわり、ウクライナがメダルを逃したということで、ブーイングが起こる。日本チームもほっとした表情はあるものの笑顔はない。ウクライナも、内村の点数が1度表示され、歓喜しただけに複雑。しかたないという選手の苦笑いの表情が映し出された。

 内村は、「メダルは取れましたけど後味の悪いチーム戦だったなと思いました」と、振り返った。

この大会は体操だけでなく、いろいろな競技でいったん出た判定が覆ったりしました。
それがフィギュアスケートにはできないのです。
タイムで誰もがわかる競技ではなく、人の目で決める採点競技で抗議ができないのは本当に理不尽だと思います。

そして「GOE」の加点はやめるべきです。
ジャンプは難易度によって得点を決めていますが、出来の良い低難易度ジャンプと普通の出来の高難易度が変わらない得点となっては、高難易度ジャンプに挑む意味がありません。
減点方式にすれば、よいジャンプにはきちんとそのジャンプの基礎点がもらえ、ミスがあれば引かれるだけなので、高難易度のジャンプに挑戦する選手が増えるでしょう。
今は難しいことをするより、無難にまとめた方が勝つので(特に女子)。
それでは競技として発展していくことが難しいのではないでしょうか。


まあ、素人のたわごとですが。


真央ちゃんはフリーで2A-3Tの3Tが抜けてしまっても「この試合はショートとフリーで自分がやりきったと思える演技をすることが目標だったので、それには満足しています。
「(今シーズンに点数をつけるなら)100点です」と発言しています。
今までだったら、少しミスがあったらこういう発言をしなかったと思うんです。
本当に今シーズンの出来に満足していると思うし、最後に金メダルも取れて信夫先生にもかけてあげられたし、やり残したことはないと思っているんではないでしょうか?
金メダルで、自己最高得点での引退。
引き際として最高です。
今回の金メダルで、来年の世界選手権枠「3」も確保し、先輩として後輩にも最高のプレゼントをすることができました。
後の後輩たちの強化は、日本スケ連の責任であり、真央ちゃんが気にすることではありません。
真央ちゃんは真央ちゃんの人生を生きてください。
お疲れ様でした。


mao27.png





フィギュアスケート ブログランキングへ


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ふきたんぽぽ

Author:ふきたんぽぽ
人を騙すことは許せません

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。