スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真央ちゃん、今までお疲れ様でした

真央「幸せ。最高でした」 超満員のファンに感謝=世界選手権コメント全文
スポーツナビ 3月29日(土)23時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140329-00000001-spnavi-spo

mao26.png
4年ぶり3度目の世界選手権優勝を飾った浅田真央、ファンに向けて感謝【坂本清】

 フィギュアスケートの世界選手権第4日は29日、さいたまスーパーアリーナで行われ、女子フリースケーティングでは、ショートプログラム(SP)1位の浅田真央(中京大)がフリー138.03点、SPとの合計は自己ベストを更新する216.69点で、4年ぶり3度目の優勝を飾った。

「この試合はショートとフリーで自分がやりきったと思える演技をすることが目標だったので、それには満足しています」と浅田。「こんなにたくさんの方がいる中で滑れて幸せ」と、超満員に膨れ上がった会場をはじめ、声援を送ってくれたファンに向けて何度も感謝の言葉を述べた。
 一方、進退に関しては「まだ終わったばかりなのでハーフハーフ。体はまだまだいけると思うので、自分の気持ちかなと思います」と心境を明かした。

 以下は浅田の演技後のコメント。

■浅田真央「絶対にやるんだという気持ちで、1日も無駄にせずやってこられた」

(アクセルについて)ショートよりは自分のベストではなかったんですけど、自分の気持ちをコントロールして次につなげられたと思います。

(今の思いは?)この試合はショートとフリーで自分がやりきったと思える演技をすることが目標だったので、それには満足しています。

(できた要因は?)こうして自分が生まれた日本という地で、たくさんの方々の後押しもあり、ずっと1から指導してくださった(佐藤)信夫先生をはじめ、たくさんの方が見守ってくださったからだと思います。

(演技が終わって思ったことは?)五輪ほどの感情、『やり切った、最高!』というよりは一段下がったんですけど、日本のこの会場で良い演技を見せることができて、自分も滑っているときにこんなにたくさんの方がいる中で滑れて幸せだなと思いましたし、本当にうれしかったですし、思い出になりました。

(五輪と比べて精神状態は?)五輪のフリーは絶望の中、『やるしかない』という気持ちしかなかったんですけど、今回はショートが首位だったので、少し硬くなるかなと思っていました。でも私は五輪で順位ではなく、自分の演技を見せる、今までやってきたことを全部出すという気持ちで滑ったので、今回も4年間やってきたことを全部出そうと思っていました。あとはたくさんの方の応援があるからこそ、自信を持ってできるなと。

(1カ月前は現役を続けるかはハーフハーフと言っていたが、今はどうか?)まだ終わったばかりなのでハーフハーフです。すみません(笑)。

(3回転を6種類8回跳ぶのは挑戦だったのか?)今年に入ってからこの構成に変えたんですけど、これはいつもできているので決して挑戦ではなくて、一昨日のショートも今日のフリーも、今日のフリーは練習よりは一段下がるかなという感じでしたけど、ショートは練習どおり、いやそれ以上だったかなと思います(笑)。

(五輪のときはすべてのジャンプに感謝を込めていた。今日はどうだったのか?)今日も失敗を恐れずに『跳べる』と思って、跳びました。いろいろ考えていました。滑っているときに『こんなに上のほうまで人がいるんだ』と。上を見たときに思いましたし、跳ぶときに『ここはいつも信夫先生に注意されているところだな』とか。3回転-3回転のフリップなんかは、跳ぶ前に二段モーションにならないようにと、信夫先生のことを考えていました(笑)。

(この4年間の集大成としては?)最高でした。点数とか何がどうとられているかとではなくて、ショートもフリーも精一杯の演技ができたと思います。

(今回はショートのあとどんな反応があった? あとローリーが来ていたが?)ローリーにようやく最高のショートを見せることができたので、ローリーもすごく喜んでいたし、私もうれしかったです。

(信夫先生はどんなこと言っていた?)『よく頑張ったね』と。滑る前はいつも通りですね。『やるべきことはやってきた』と。あとは何も話さずに、お互いうなずいて、何度かそんなやり取りをしました。

(シーズンを終えてどんな気持ち?)やっと終わったなという気持ちです(笑)。長かったし、精神的にも充実した濃いシーズンだったと思います。

(演技終わったときはどんな気持ちだった?)『よし!』という感じです。ショートもフリーも合わせてそう思いました。

(目標を達成できたことは今後の決断に影響を及ぼす?)今後は、自分の人生においてもこのような素晴らしい中で滑れたことは本当に自分にとって良い経験になりました。

(現役続行か引退かを決めるにあたり何を一番重視するか?)体はまだまだいけると思うので、自分の気持ちかなと思います。

(1シーズン休もうという選択肢は?)終わったばかりなのでまだ分からないですね、すみません(苦笑)。

(演技終わった瞬間は?)ソチのときは、この4年間やってきたことを出せたという演技を出せたので良かったと思いました。この試合は、自分の目標を達成するんだという思いでやっていました。

(この1カ月は楽しかった?)この1カ月は楽しかったよりも、この世界選手権に向けて、五輪で悔しかった思いをぶつけようと思って過ごしていました。絶対にやるんだという気持ちで、1日も無駄にせずやってこられたと思います。

(今一番何をしたい?)お部屋に帰って、横になりたいです(笑)」


真央3度目世界女王「全て出せた」
デイリースポーツ 2014年3月30日
http://www.daily.co.jp/general/2014/03/30/0006821159.shtml

mao30.png
 演技を終え、歓声に応える浅田真央

 「フィギュアスケート世界選手権・女子FS」(29日、さいたまSA)

 女子は浅田真央(23)=中京大=が、自己ベストの合計216・69点で4年ぶり3度目の優勝を飾った。ショートプログラム(SP)で歴代最高得点を記録した真央は、冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が回転不足となるなどミスはあったが、フリーでも1位の138・03点をマークした。注目の進退については「ハーフハーフ(半々)」と保留した。今回が現役生活最後の大会となった鈴木明子(29)=邦和スポーツランド=は6位。村上佳菜子(19)=中京大=は10位に終わった。

 これがラストダンスになるのだろうか。演技を終えた表情に、ソチ五輪のような感情があふれ出すことはなかった。トリプルアクセルは、わずかに回転不足。その後も完璧ではなかった。ただ、それでも今、持てる力はすべて出し切れた。

 「目標はSP、フリーともやりきったと思える演技をすることだった。五輪の“やった!最高!”という感情よりはちょっと一段下がるけど、今の自分はすべて出せました

 満員の観客席から降り注ぐスタンディングオベーションに応えながら、何度もうなずいた。「やっぱりスケートっていいなって思った。自分が生まれ育った日本で、たくさんのお客さんにいい演技を見せることができてうれしかったですし、いい思い出になりました」。凛(りん)とした光を放つその瞳は、どこかその風景を焼き付けているかのようでもあった。

 集大成と位置づけたシーズンは、世界女王戴冠という形で完結した。今後はアイスショーをこなしながら、自らの心と向き合っていく。進退についてはソチ五輪帰国時と同じく「ハーフハーフ」と保留。決断の決め手を問われると「体はまだまだいけると思う。あとは自分の気持ちですね」と話した。

自他ともに認める、究極の負けず嫌い。約20年に及ぶ競技人生を支えてきたのは、その笑顔に隠された強烈な闘争心だった。23歳の心にまだ燃えるものはあるか‐。最後は「すごく充実した濃いシーズンでした。今は早くお部屋で横になりたい」と笑い、会場を後にした真央。国民的ヒロインの決断は果たして…。


mao16.png

mao17.png

mao15.png

mao14.png

mao20.png

mao19.png

mao21.png

mao24.png

Bj5W8_jCAAAU7SB.jpg

long1396096381682.jpg

この写真が一番好き





Masaaki Sasaki ‏@izasasakima·22 分
#浅田真央 の世界選手権フリーを解説していたソチ五輪女王ソトニコワ
始まる前「真央は友達なの。タラソワ先生のもとで一緒に練習したのよ。
成功を祈っているわ」。トリプルアクセルを決めたとき「素晴らしい」。
ジャンプの種類を的確に解説していく。ジャンプ失敗「でも転ばなかったわ」

Masaaki Sasaki ‏@izasasakima·16 分
#浅田真央 の世界選手権フリーを解説していたソチ五輪女王ソトニコワ②
「難しいジャンプコンビネーションを決めていく」 終わった後「彼女はちゃんと
努力して準備して、そして結果を見せたわ。見せたのよ」 VTRを見ながら
「観客席を見て。真央を応援した人が一斉に立ち上がったわ」




翻訳神さま、ありがとう!!



真央ちゃん、20年近くのフィギュアスケート生活、お疲れ様でした。
大変なことも、楽しかったことも、たくさんあったと思います。
そのすべてがフィギュアスケートともにあったのですね。
最後の最後まで審判には言いたいこともたくさんあったはずですが、トータル自己新で終えることができて、真央ちゃんも満足の出来で、本当によかったです。
まだまだショーのスケジュールでいっぱいですが、早くゆっくりしてほしいです。

ありがとう、真央ちゃん!



フィギュアスケート ブログランキングへ


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ふきたんぽぽ

Author:ふきたんぽぽ
人を騙すことは許せません

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。