スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい人浅田真央、美しくない人キムヨナ

私は真央ちゃんはじめ美しい選手が素晴らしい演技をすれば、それだけでとても嬉しいです。
性格はおおざっぱ、小さい時からスポーツ少女で芸術的なものとかけ離れた生活をしているので、美しいものに憧れがあるのでしょう。

日本のマスコミは真央ちゃんを特集すると、必ずやキム・ヨナを絡めてきます。
私はキム・ヨナが大嫌いです。
だって美しくないからです。

顔が美人じゃないとか、スタイルがよくないとか、そういうのを言ってるんじゃないんです、
それらは生まれ持ったもので、本人のどうすることもできないからです(ま、韓国人は整形マンセーのようですが)。
姿勢とか、所作とか、表情の作り方とか、自分の努力で改善できるところが美しくないです。 
まだ10代の頃の二人の対談で、「マオは体が柔らかくて羨ましい」と言っていたのを見たことがあります。
身体の柔らかさなんて、もちろん限界はあると思いますが、日々の柔軟トレーニングで改善の余地はあるでしょう。
私も身体が硬いので毎日自己流ですが柔軟運動をしていたことがあります。
すると長座で前屈できなかったのが、少しずつ手が足に届くようになり、つかめるようになりました。
でもサボるようになるとあっという間に元通り。
毎日のコツコツとした積み重ねが大事なのだと痛感しました。
キム・ヨナはお金持ちなんですから、やろうと思えば専門のトレーナーをつけて、効率のよいトレーニングができるはずです。
でもそれをしない。
していたら、あんなにみっともないスパイラルやイーグルにはならないでしょう。
表情にしたって、どんな曲だって「ニダリ」「お腹が痛いのよ~~」で工夫が見られません。
所作も、猫背、だらりとした腕、曲がった足、からだの隅々まで神経を行き渡らせているようには見えません。
私はバレエもダンスも日舞ももちろんフィギュアスケートもやったことのないど素人です。
そんな私がキム・ヨナを見てこれだけのことを感じ、「美しくない」と思うのです。
それなのに、マスコミ、特に一番わかってるはずの元フィギュアスケーターが絶賛するキム・ヨナ。
何かがおかしい。
そこでいろいろと調べてみることにしたんです。
それはまた次回に。

何をやっても絵になる真央ちゃん。
氷上のバレリーナ。
6c8fa3da8126fd16a47e06bd0665dbd4.jpg

ミュージカルの主人公に。
12-1.jpg

クラッシックの荘厳なものまで。
Trophée_Eric_Bompard_Mao_ASADA_09_FP



何をやってもおなか痛い人。
t02200298_0500067712367268152.jpg

おなか痛い。
t02200337_0489075012367270833.jpg

今シーズンのおなか痛い。
20131211222702.jpg

もう一つ。
「あの~、トイレどこですか!!」
138665539181949805227_20131209-2-28.jpg


さ、かわいい真央ちゃんで口直し
o0300045011369107002.jpg



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ふきたんぽぽ

Author:ふきたんぽぽ
人を騙すことは許せません

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。