スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「4分9秒の奇跡」

TVでは見られなかったので、You Tubeで見ました。









とってもよかったです!!!
キムリミナルはなく、常に真央ちゃんは真央ちゃん自身と闘ってきたことが改めて伝わってきました。
キムチを見たくない人にもお勧めです。
フジ系とはいえ、地元の東海テレビ製作なので真央愛にあふれていましたね。
お母様についても糞テレビ、もといフジテレビの特番のように治った傷口をえぐるような失礼な質問もなかったです。
でも1時間では足りなかった!
フリーのラフ真央はノーカットで入れてほしかったです。
来月発売される「All History 浅田真央 ~花は咲き星は輝く・浅田舞・真央姉妹11年間密着~」は東海テレビのだから買おうかな~。
同時期にもう一枚発売され、こちらは演技がノーカット&ノー解説実況で収録されているので悩みどころですが、何しろ製作が糞テレビ、もといフジテレビなんでね。
DVD内容の説明にもばっちりキム・ヨナ出てますからね。
わざわざお金出してキムチは見たくない。




【フィギュア】真央、進退来月決めて!連盟が聞き取り調査へ">【フィギュア】真央、進退来月決めて!連盟が聞き取り調査へ
スポーツ報知 3月25日(火)7時3分配信

mao1.png
メインリンクで、入念にSPの練習を行う浅田

 26日に開幕するフィギュアスケート世界選手権の公式練習が24日、会場のさいたまスーパーアリーナで始まり、ソチ五輪女子6位入賞の浅田真央(23)=中京大=は大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた。今後の去就が注目される真央らに対し、日本連盟が4月に進退の聞き取り調査を行う方針であることが判明。まずは五輪シーズン最終戦に集中し、4季ぶり3度目の世界女王に返り咲く。

 世界を感動の渦に巻き込んだ涙の女子フリーから約1か月。真央が再び氷上で闘志を燃やした。3回転半は6回挑んで3回成功。全6種類で計8回の3回転を組み込む女子世界初の「8トリプル」を今度こそ成功させるため、ソチで回転不足を取られた2連続3回転や2回転半―3回転の連続ジャンプも入念に確認した。

 集大成と位置づけた五輪シーズン。進退が注目されるが、真央は「すべてが終わってから心を落ち着かせて考えたい」と世界選手権後に決断する方向だ。これに関して、日本連盟の小林芳子フィギュア強化部長は「4月にアイスショーなどで進退伺の聞き取りをしたい」と明かした。

 日本連盟の選手登録期限は6月末だが、4月中に日本オリンピック委員会(JOC)に強化指定選手の候補リストを提出する必要がある。同様に進退を表明していない男子の高橋大輔(28)=関大大学院=にも聞き取り調査を行うという。

 真央は現役続行の可能性を五輪帰国後の会見で「ハーフハーフ」としたが、競技人生を振り返る企画も進んでいる。4月8日から日本橋高島屋で初の展示会がスタート。伊藤みどりさんから譲り受けた衣装など約30点のコスチュームやメダルを集め、8月まで「移動ミュージアム」のように各地の高島屋を回る。

 この日は取材対応がなかったが、大会パンフレットには「感謝を込めて、最高の演技を見ていただきたい」とメッセージを寄せた真央。節目のシーズンを締めくくる有終の金メダルを目指す。


何で、真央ちゃんや大ちゃんには考える猶予を与えないのか?
外国にはオリンピックが終わって1~2年ゆっくりする選手はいくらでもいます。
「特別強化選手」にはいろいろと優遇措置がありますし、公益財団法人日本スケート連盟には国からの補助金が入っています(ウィキペディアによると2004年度は1億6千万円、今はわかりません)。
税金が投入される以上ははっきりさせないといけないのかもしれません。



しかしですよ、あの安藤さんはどうなのでしょうか?

2013年01月11日 【フィギュア】トヨタ自動車退社、特別強化選手辞退の安藤美姫、来季の試合出場を明言
昨日、安藤美姫の公式Facebookページで大きな発表があった。

[所属契約満了について]
契約満了にともない、2013年1月1日付で、安藤美姫はトヨタ自動車を退職いたしましたことをお知らせいたします。
トヨタ自動車様のご支援を最初にいただいたのは、2006年のことでした。1年契約を毎年更新しながら、社員スケーターとして歩んできましたが、2011年‐2012年と連続して公式戦に出場することができず、社員としての義務を果たすことができませんでした。これが契約満了とした理由です。

トヨタ自動車を退社したというのだ。
中京大中京高校を卒業後、2006年4月からトヨタ自動車所属の選手としてこれまで活動してきた。
このFacebookの発表では、海外の試合のサポートなどをしてくれた社員への感謝の気持ちや、彼女にとって印象深いできごとが綴られている。
以下は安藤美姫のメッセージである。

「トヨタ自動車の皆様、長期にわたり、ご支援いただき、ありがとうございました。試合の応援だけでなく、海外での練習にも同行してサポートしてくださるなど、きめ細かくご支援いただいたことに、心から感謝しています。
なかでも忘れられない思い出が二つあります。ひとつは、2006年の全日本選手権でケガをしたあと、新入社員のみなさんが千羽鶴と寄せ書きを贈ってくださったこと。ケガを克服する勇気をいただきました。いまでも私の宝物です。

もうひとつは、2010年の全日本フィギュアスケート選手権(長野)に、バスを連ねて応援にきてくださった社員のみなさんのこと。私のことを仲間として受け入れ、自分のことのように喜んでくださるみなさんがいらしたからこそ、優勝できたんだな、といまでも思います。

契約は満了しましたが、来季も応援してくださったみなさんの顔を思い出しながら、試合に出場するつもりです。生涯忘れ得ないあたたかいご厚意を、ありがとうございました。」(以上、引用)

ここでは普段メディアではあまり報道されない、選手をサポートする裏側のスタッフたちの姿が書かれている。
しかも、選手自身の口からだ。
選手がこんなにも長い文章でスタッフへの感謝の気持ちを綴ったものは、今まであまり見たことがない。
それだけ、本人の思いがこもっているのだと感じる。
選手たちの演技の裏側で、こんな温かい人と人とのつながりがあることを、私はとても嬉しく感じた。

もう一つ気になるニュースが入ってきた。
安藤が特別強化選手を辞退したという。

<日本スケート連盟の強化選手とは>
特別強化選手、強化選手には専用のリンク貸切の時間が与えられ、また全日本の強化合宿に参加することができる。金銭的な補助が出ることもあるという。

トヨタ自動車退社の理由が「2011年‐2012年と連続して公式戦に出場することができず、社員としての義務を果たすことができませんでした。これが契約満了とした理由です。」と書かれているが、特別強化選手辞退も同じ理由かもしれない。
2011年度、2012年度と安藤は特別強化選手に指定されていたが、その2シーズン公式戦への出場がなかった。
今回の2つの決断は、安藤の“けじめ”だったのだろう。

所属先からの脱退、特別強化選手の辞退と、今後彼女がどのように競技生活を送るのかが気になるところだ。
安藤からのメッセージの最後の言葉に注目しよう。

『来季も応援してくださったみなさんの顔を思い出しながら、試合に出場するつもりです。』

彼女は来季の試合出場を明言している。
今回安藤のFacebookには、多くのファンからの好意的なメッセージが集まった。
来季はぜひこの言葉たちもパワーにして、安藤らしい魂のこもった演技を氷上で見せてほしい。

ひまわりちゃんを出産したのは2013年4月。
2012年の秋には妊娠が分かったはずです。
子どもを産む以上は、もうそのシーズンは出場できないのはGPS前にはわかっていたのです。
それなのに特別強化選手を辞退したのは2013年1月。

フィギュアスケートをやるにはもの凄くお金がかかると聞きます。浅田選手や安藤選...
sakurabluenightさん

フィギュアスケートをやるにはもの凄くお金がかかると聞きます。浅田選手や安藤選手レベルになると1年間で練習費用などもろもろでいくらぐらいかかるのですか?また、その費用のうちいくらぐらいが自己負担になる?

質問日時:2009/5/8 23:57:06  解決日時:2009/5/23 04:19:51


ベストアンサーに選ばれた回答
hoihoi_2123さん

結論からいうと、最低でも4000万円程度は自己負担だと思います。

<自己負担額は:最低でも3000万~4000万>
費用は最低5000万程度。賞金で稼げるお金は最大でも1000万弱。
それも、GPシリーズ二戦とも優勝、GPファイナルも一位、
欧州OR四大陸選手権も一位、世界ランキング1位というような奇跡が
起きた場合、かつ1円も税金取られない時の金額です。
(真央、ヨナ、荒川もスルツカヤでもこんな連覇はしてません。)

真央ちゃんはCMいっぱいでているし、ミキティはトヨタ自動車がバックについています
からまかなえるのでしょうね。っていうか、ないと出来ないですよね・・。


プルシェンコ曰く、「衣装、振付、コーチ、リンク、特別な食事、
ドクター、フィジカルトレーナー、マッサージ師、治療費、
音楽、全部自腹です!!もう一度言います!全部自腹です!
僕は喜んで競技に復帰しますよ、最低限でも援助してもらえるのならね。
衣装代と、トレーニング費と、ドクターと…」
とおっしゃっているますし、相当かかります。


出費①<衣装代:30万円×4着/1シーズン>
一流選手の衣装代の相場は一着30万円です。
フィギュア専門の一流デザイナーに頼むととこれくらいです。
私が記事を確認しただけでも、真央ちゃん、コストナー、
ロシェットプルシェンコもインタビューでそう答えてます。衣装は
一流選手クラスになると相場は一着3000ドルだと・・・。
なのでこれが正しい数字だと思います。

1プログラム2着ずつつくるので×2(FS・SP分)で、しめて
150万程度です(EX用一着も加味)。。

出費②:<コーチ:2000万円>
一流のコーチは年間2000万円です。
モロゾフ、タラソワ、フランク・キャロル、ラファエル・アルトゥニアン
クラスのお値段です。

出費③:<振付師:100万円×2>
一流の振付師による振り付けは数十万から100万円です。
ローリーニコルあたりだと100万越えると思います。

出費④:<リンク代:一時間3万円×20日=
月60万 ×12=720万>

リンクの貸し切りは一時間3万円です。アメリカだと、外国人選手で
あっても一流選手は一日あたり数時間無料で貸し切りさせてもらえます。
関大・中京大所属の選手達はある程度は自分ところのリンク
が貸し切れるので負担が小さくなると思います・・。
こういう理由もあって、北米で練習してる選手が多い。

出費⑤:<コーチや家族の試合の時の宿泊費・飛行機代:一試合約50万~100万円程度×4>
招待選手や各国スケート連盟から派遣された選手には、主催者から
飛行機代宿泊費は出ます。ただ、家族・コーチの飛行機代宿泊費は、選手持ちです!
一流ホテルに自分はただで泊まりながら、コーチに安宿に泊まらせるはずがありませんよね。。
一週間前には現地入りしますので、一試合100万円程度のお金は軽く飛んでいきますよね。

出費⑥;遠征費・滞在費<年間数百万円>
ほとんどの一流選手は、海外で合宿を行います。
また、拠点が外国(北米かロシア)でほとんどは普段は海外在住です。
ミキティは普段はアメリカに住んでますし、織田選手も同様です。アメリカだと
一流選手はリンク代の心配入りません。

出費⑦:スケート靴代 30万×5=150万/年
(普通の選手が使う靴は一本体は5ー6万、刃の部分は1本7万。
一流品だと30万円以上。これを選手は年間に4-5足はきつぶす)


出費⑧;楽曲費 年間7万

収入①;グランプリシリーズの賞金
プルシェンコがロシアの新聞に答えた言葉を参考にします。
多少、連盟への上納金などは国によって違うと思いますけど・・・
(日本の場合賞金はすぐには選手に支払われず、連盟にプールされ若手
選手の育英のために使われ、引退してからお金をもらうときいています)。

「グランプリシリーズで優勝すれば、純粋な賞金として15,000ドルを受け取る。
その30%をコーチに支払い、10%は自国の連盟へ。税金もかかるが、開催国による
。例えばアメリカ開催の場合、33%を税金でを引かれる。ロシアなら13%。
つまり、アメリカの「グランプリ」で幸いにも優勝した場合、
自分のポケットに入るのは報奨金の僅かなのです。」(プル談)

ちなみに賞金制度は国力や経済力によって不公平がでることを緩和するため
にごく最近始められた物です。 昔の人は賞金なんてでてませんでした。

収入②:<世界ランキングによる賞金>
世界ランキング1位;45000ドル(約455万)
世界ランキング2位:2万7000ドル(273万)・・以下略

収入③特別強化費:月20万
日本スケート連盟特別強化選手(真央・ミキティ、織田選手クラス)に連盟から渡されるお金は月20万円!
これだと月にリンク七時間しか分くらいしか貸し切れませんね。

回答日時:2009/5/12 21:18:16

怪我でもなんでもなく、お金をもらい続けていた安藤さんは問題にならないんでしょうかねえ?



金満スケ連がお金に清いわけでなく、結局は真央ちゃんのもたらすお金がなくなることが心配で必死で引き留めてるとしか思えませんね。
日本スケート連盟、真央マネー、羽生マネーで「金満」ぶりが止まらない
最終更新:2014年02月21日 11時50分

 ソチ五輪で男女のフィギュアスケートが終わり、結果はメダルこそ羽生結弦選手(19)=早大=1人だったが、個人では6人中5人が入賞を果たし、フィギュア王国の地位を保った。その強化の役割を担う日本スケート連盟だが、浅田真央選手(23)=中京大=に続き、羽生選手という新しいスターを得て、今後も潤沢な資金を増やしていきそう。真央選手の引退を考えれば、強化や普及に支出をしなければ王国が一気にしぼんでしまう可能性すらある。

 平成24事業年度(24年7月1~25年6月30日)の正味財産は約13億5500万円。事業キャッシュフローは約3億3300万円ある。

 これが19事業年度では、正味財産は7億円だった。5年で実に約2倍に増えているのだ

 日本スケート連盟は平成18年には、不正会計が発覚し、背任容疑で会長だった長久永勝一郎氏が警視庁に逮捕されるという不祥事もあった。公式HP上には、元会長らが関わっていない19事業年度以降のものとなっているが、しかし、連盟は明らかに浅田真央選手の成長とともに、大きくなっている。

 連盟には、選手の競技やそれ以外の収入に対して一定の割合でお金が入るようになっている。つまり、選手が儲けるほど連盟も儲かるのだ。規定によると、次のようになる。

・競技会の賞金の10%
・肖像権や契約料の10%
・個人スポンサー契約料10%
・講演・出演料の10%

(旅費・謝礼などは全額個人へ)

13929528008505e9370f94029b4c6a4917bc7ed8b1.jpg

実は連盟の関連スポンサーは浅田選手関係が大半だとも言われている。

 浅田選手はバンクーバー五輪があった2010年(平成21事業年度に相当)には、浅田選手のCM契約本数は10本を超えた。1本あたり契約料は5000万円以上とされ、この年は10億円近いともされる。

 2011年以降もコンスタントにCM契約はあり、年収は少なくとも3億円以上と見られる。

 現在では、女子アスリートとしては現役最高の1本7000万円という報道もあったが、本当に
引退するならば、アイスダンス、普及活動、タレント活動などで、年収は再び10億円を超えることになるだろう。

 連盟にはさらに潤沢なキャッシュフローが生まれる。さらに、羽生選手が金メダルを獲得したことで、今後はスケート外の活動も多くなり、連盟への収益が増えることは確実視される。

 ここでは、特に連盟批判をすることが目的ではない。ただし、資金は必要だが貯めこみすぎてもいけない。フィギュアを普及、強化育成に潤沢な資産があるうちにさらに取り組んだ方が良い。


インタビューを見ていても、真央ちゃんの発言からは「やりきった感」が感じられます。
今後のことは、汚い大人の声に惑わされず、真央ちゃんのやりたいようにやればいいと思います。
ただただ、真央ちゃんを応援するだけです。



mao2.png





フィギュアスケート ブログランキングへ





スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ふきたんぽぽ

Author:ふきたんぽぽ
人を騙すことは許せません

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。