スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケ連 本当に許せない!

浅田真央を“最悪のリンク”で調整させたスケート連盟の失態
女性自身 2月26日(水)0時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140226-00010005-jisin-ent
 自己ベストをマークした舞いに、「これが自分がやろうと思っていたこと」と、演技終了直後に頬を濡らした浅田真央(23)。敗れてなお、多くのファンの記憶に残る伝説を作った。その陰で、ソチへの最終調整の場に関して、浅田側とスケート連盟は揉めに揉めていた。

「真央には、精神的にもっとも落ち着ける場所で最終調整をさせてあげたい」と、佐藤信夫コーチ(72)は、スケート連盟幹部に(練習拠点の)中京大リンクで調整したい思いを伝えたという。だが連盟は、ソチへ移動が数時間でできる隣国アルメニアのリンクを確保していた。

 そこで、浅田側と連盟の“対立”の間に、第三案として浮上したのが、浅田の振付を担当するタラソワコーチ(67)の口添えで、ロシア代表のソトニコワ(17)、リプニツカヤ(15)らと一緒にモスクワの「ロシア・ナショナル・トレーニングセンター」で最終調整をおこなうという案だった。

 しかし、この案にも連盟は首を縦に振らなかった。 結局、浅田は連盟に押し切られる形で、渋々アルメニアに向かった。

この決断が最悪だった。アルメニアのリンクの氷には砂が混ざっているうえにガタガタ。急遽、刃を研ぎ直す必要に迫られた。しかも空調設備が悪く、非常に寒かった。浅田は最終調整どころか、調子を狂わせてソチ入りした」(スポーツ紙記者)

 連盟による“妨害”はこれだけではない。現地の報道関係者を取材すればするほど、それは次から次へと噴出するのだ。

連盟幹部たちは、我々に対しても高圧的。取材させてやっているんだという態度で、少しでも気に食わないことがあれば、『何を書いているんだ』と取材パスを取り上げられた記者も過去にいたほど」(民放関係者)

 それは選手に対しても同様で、今回の男子代表選手にも勇気づける立場にあるはずなのに、心ない言葉を浴びせ、逆に追い込むようなことをしていたという。

「女子選手に直接言わないにしても、そのコーチや関係者などに失礼なことを言うのは日常的。選手をサポートする立場なのに、彼らはそれをせずに何をやっているかといえば、選手村で頻繁に酒盛り。チーム・ジャパンとして機能しているはずがない」(スポーツライター)

 今回、連盟幹部は十数名ソチ入りしているが、はっきりいって遊びに来ているのと同じ、とスポーツライターは続ける。

「彼らの遠征費は、浅田らの広告料から多くが出ているが、そのお金で我が世の春を謳歌しているにほかならない。見かねた男子選手やその周辺からは『連盟の誰も信用できない』と、我々に相談をもちかけてきたこともあった」

 五輪前、男女で複数のメダルを目標に掲げながら、選手をサポートできない連盟は猛省どころではすまされない。

(週刊『FLASH』3 月11日号)


連盟とTV局 日本フィギュア界に次の目玉選手おらず頭抱える
NEWS ポストセブン 2月26日(水)7時6分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140226-00000003-pseven-spo
 これまで長い間、日本のフィギュアスケート界は“浅田真央人気”に頼りきってきた。浅田は11歳にして全日本フィギュアに出場。2005年12月にはわずか15歳でGPファイナルを制した。年齢規定に87日足りないため翌年のトリノ五輪出場はかなわなかったが、大新聞や時の総理大臣(小泉純一郎)さえ、国際的ルールを変えて浅田を出場させようと訴えた。

 以来、8年間。とうとう浅田がリンクを去る時がきた。男子では高橋大輔や織田信成、女子も安藤美姫、鈴木明子といった、浅田とともにスケート界を引っ張ってきた選手たちも軒並み引退を決めている。

「羽生結弦というニュースターは誕生したものの、来年以降、他には目玉になるような選手がまったく見あたらない。とくに女子は深刻で、テレビ局も日本スケート連盟(JSF)も頭を抱えている。来期のGPシリーズに力を入れようにも、活躍するのが海外選手ばかりでは観客も視聴者もシラケるばかり。

 そこでテレビ局は荒川静香や安藤、それに浅田も共演するアイスショーをやってなんとかフィギュア人気を維持しようと躍起になっているようだ。だが、そんな目先の利益ばかりを考えていても問題解決にはならない」(フィギュア関係者)

 浅田の“後継者”として期待の高かった村上佳菜子(19)もすでに引退を視野にいれているという。

「今年引退という声も囁かれています。さすがに連盟に引き留められ、来期は続行するかもしれませんが、村上一人でひっぱっていくには厳しいし、これからの期待の選手とは正直言いづらい。4年後まで続けている可能性も限りなく低い」(スポーツ紙記者)

 若手の人材の枯渇は深刻だ。これまで世界ジュニアでは、浅田、安藤、織田、小塚崇彦など、日本選手が毎年のように3位以内に名を連ねてきた。ところが、女子は2010年に村上が優勝、男子は2010年に羽生が優勝、翌2011年に田中刑事が2位になったのを最後に、3位以内が一人もいない。

 昨年の全日本選手権で4位に入った15歳の宮原知子らの存在も挙げられるが、「もし実力で世界レベルになっても、彼女を見たくてテレビをつけるという人気までは難しいでしょう。結局、目玉選手が誰もいない」(前出・スポーツ紙記者)。

 ドラマ『家政婦のミタ』でブレイクし、子役としても人気の高い本田望結(みゆ)の姉妹が注目株ともいわれるが、姉の真凜は12歳、望結はまだ9歳。育ったとしても全日本レベルの年齢にはあと4~5年はかかる。それまでフィギュア人気をつないでいけるのだろうか。

※週刊ポスト2014年3月7日号


浅田真央、引退したら年収6億円!? ソチ五輪で上げた株
メンズサイゾー 2014/02/26 10:00
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/menscyzo_20140226_162751
 2月24日に閉会式を迎えたソチオリンピック。25日には日本選手団が帰国し、フィギュアスケート女子で6位の浅田真央選手が都内の日本外国特派員協会で記者会見を行った。その席で、浅田は「ソチ五輪では、最終的に目標としている演技ができた。日本にメダルを持って帰って来れなかったことが今でもとても残念だし、すごい悔しい気持ちでいっぱい」とコメント。無念さをにじませながらも、充実した五輪だったことを明かした。
 浅田といえば、先日、東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相が「あの子は、大事なときには必ず転ぶ」などと配慮に欠けた発言をしたことも話題になった。質問がそのことにおよぶと、浅田は「人間なので失敗することもある。失敗したくて失敗しているわけじゃない」「私は別になんとも思っていないですけど、森さんが今、後悔しているのではないかなと思います」と、周囲の報道陣から思わず笑い声が起きるほどの大人の対応を見せた。
 浅田は3月に行われる世界選手権への出場を明言しているが、今後について「しっかり自分で落ち着いて考えたい」とし、来季の現役続行の可能性は「ハーフハーフくらい」と模索中であることを明かした。2018年の平昌五輪への挑戦も期待される浅田だが、仮に引退しても莫大な収入があるようだ。
 「夕刊フジ」によると浅田の現在の年収は3億円で、CM出演料などは50%が日本スケート連盟の取り分となっており、引退して100%が入るとなると収入は倍の6億円になるという。さらに、アイスショーやCM出演など、オファーは引く手あまたになることが予想される…と伝えられており、6億円以上稼ぎそうな勢いだ。

「今回のソチ五輪でもキャスターとして活躍していましたが、トリノ五輪金メダリストの荒川静香はアイスショーなどの出演料が1本100万円クラス、CM出演料もトップクラスで年収1億円ともいわれています。浅田には金メダルという武器こそありませんが、人気面ではずば抜けているので、荒川より稼いでいるというのもうなずけますね。ソチ五輪ではSPでの転倒からフリーで自己ベストを更新と記憶に残る演技を見せてくれました。“真央ちゃんスマイル”といわれるようにさわやかなイメージも相まって、引退後はCM出演も含めて争奪戦になることは間違いないでしょうね」(芸能ライター)
 オリコンの『好きなスポーツ選手ランキング(女性)』では、13年を含め5年間で4度も1位に輝いている浅田。昨年8月の『女性タレントイメージ調査』(ビデオリサーチ調べ)でも、ローラやベッキーを抑えて綾瀬はるか次ぐ2位となっている。アスリートの中だけでなく、タレントを含めても高い人気を誇る浅田だけに、引退後に奪い合いになるのは仕方ないことなのかもしれない。
「ソチ五輪で金メダルに輝いたアデリナ・ソトニコワは浅田のことを『模範になるスケーター』と表現しており、今回美少女選手として話題になったユリア・リプニツカヤも好きな選手に浅田の名を挙げるなど、競技者の間でも浅田はリスペクトされています。『浅田になら取材されたい』というアスリートも多いでしょうし、キャスターに転向したとしてもスポーツ取材などはやりやすいでしょうね」(同)
 浅田といえば、姉の舞が「巨乳すぎる」「反則レベルの体」などとネット上で話題になることも多いが、引退となれば姉妹でのテレビ露出なども増えるかもしれない。ただ、金メダルを目指して現役を続行するとなれば、それはそれで応援する声が相次ぐだろう。フィギュアスケーターには禁句かもしれないが、どちらに転んでも浅田の未来は明るいのかもしれない。
(文=津本ひろとし)

真央ちゃんの納得のいく演技ができないように妨害するスケ連の真意とは。
「ソチで集大成」と決めている真央ちゃんを、メダルが取れなかったことにより現役続行させたいから。
何故なら真央ちゃんが稼いでくるお金がなくなると、スケ連が豪遊できないから。
最低ですね。

以前より真央ちゃんは今シーズンで引退してほしいと思っていました。
どんなに高難度の技を決めても、審判のつけたい順番にしかつかない得点。
エッジエラーだって、回転不足だって、点数を下げたい人は取るけど、上げたい人は見逃され続ける。
演技構成点も、年功序列じゃないけど年々試合をこなしていくことで上がっていくものと荒川静香大先生が言ってたけど、ある人は休み明けでもてんこ盛り、ある人は地元開催の為かいきなりの爆上げ。
滑走順が得点に関係するというのも、ある人は早い滑走でもトップの得点、真央ちゃんは後ろがいるからと抑えられる。
もうね、スポーツじゃないですよ、フィギュアは。
おまけにこの日本スケ連の腐った体質。
選手を守るどころか、集金マシーンとしか思ってないんですよ。
真央ちゃんはこの腐った世界から足を洗って、これからは今まで我慢してきたことをみーーんなしてくださいね。
おいしいもの食べたり、旅行したり、買い物したり、デートしたりね
スケートがしたくなったら、仲良しのお仲間とショーをしたらいいよ。
「THE ICE」は在日企業ロッテがスポンサーだから、他のスポンサーを探しましょうね。
使えない事務所IMGもやめましょう。
もっと選手を守ってくれるところがいいです。
まだ真央ちゃんは23歳。
人生はこれからです。
どうか、どうか、幸せになってください、真央ちゃん!

201402242341599bb.jpg






フィギュアスケート ブログランキングへ





浅田真央「やめたくてもやめられない」これだけの“しがらみ”
(2014.2.26 ゲンダイネット)
ソチ五輪を終え帰国したフィギュアスケート女子の浅田真央(23)。25日、都内の外国特派員協会で記者会見を行い、注目される去就については、「まだ試合がひとつ(世界選手権)残っている。その後には(アイス)ショーがある。全国の皆さんに感謝の滑りを見ていただいてから、そこで考えたい」と語り、「来年以降も選手を続ける可能性は何%か?」という問いには、「今のところハーフ、ハーフぐらいですかね」と答えたのはご存じの通り。
会見で「(フリーでは)自分の目標とした演技が出来た。今まで以上に充実した試合だった」と満足な表情を見せたものの、自宅では持病の腰痛で歩行が困難になることもあるという。昨年から「ソチ五輪を競技人生の集大成にしたい」と言い続けてきただけに、今シーズンを最後に現役を退く可能性は十分にある。
■美姫と2人で9億円
しかし、ここで真央にやめられては困る連中が複数いる。まずは、真央人気で“金庫”が潤う日本スケート連盟だ。
高額なフィギュアのチケットが飛ぶように売れるのは、真央や安藤美姫(26)の人気によるところが大きい。昨年末の全日本選手権は、真央の「国内における現役最後の舞台」とばかりに、大会史上初めて観衆2万人規模のさいたまスーパーアリーナで開催。チケットは完売した
ソチ五輪のフィギュア女子シングルのフリーはNHKが生中継。真央が演技を終えた直後の21日午前1時47分には、関東地区で瞬間最高19.5%の視聴率を記録(ビデオリサーチ調べ)。関西では得点が表示された直後までの1分間は20%(同調べ)まで上がった。深夜にもかかわらず、これだけの人間が真央の演技を見ていたのだ。
真央が出場する3月の世界選手権(さいたま)のチケットも、最高のプレミア席(2万5000円)が売り切れだ。安藤は12月の全日本選手権を最後に引退を表明。真央まで競技生活から退けば、フィギュアのチケットは今ほど売れなくなる。
スケート連盟が公表している財産目録を見ると、真央が15歳でシニアデビューした翌年の06年6月末には約4.6億円だった「正味財産」は、13年同期で約13.6億円に膨らんだ。現金預金は約2.4億円から約9億円まで増えた。「真央バブル」で儲けたカネと言っても過言ではないだろう。
スケート連盟の橋本聖子会長は五輪前、一部スポーツ紙のインタビューで「真央はやめないと思う」と語っていたが、「やめられたら困る」というのが本音なのだ。
■国際スケ連のタニマチ
日本スケート連盟以上に、真央の引退を恐れているのが国際スケート連盟(ISU)だろう。この組織の最大のタニマチは、日本企業やテレビ局だからだ。
例えば、毎年行われるグランプリシリーズ(GS)や世界選手権の放映権料は、1日5000万円までアップした。その全てはISUに入る。あるフィギュア関係者が言う。
「ISUは、フィギュア人気の高い日本で大きな大会を開催したいのです。昨年はGSのNHK杯だけでなく、GSファイナルも福岡で行いましたし、3月の世界選手権も埼玉でやります。GSファイナルの男女フリーの視聴率はいずれも20%を超えた(同調べ)。テレビ局にとっても、真央が出れば確実に数字が取れるからカネを出す。3月の世界選手権の日本開催は、2000年以降で3回目。GSを開催しているロシアやフランス(各2回)より多い。これはスポンサーを気遣ってのことでしょう。ISUの公式スポンサーは13社ありますが、そのうち11社は日本企業です。そこには真央のスポンサーでもある佐藤製薬や住友生命なども入っている。もしも真央が今季限りで引退し、フィギュア人気がガタ落ちすれば、多くのスポンサーが撤退するかもしれません
19歳の羽生結弦が金メダルを取っても、安藤と真央が抜けた穴はとてもじゃないが埋められない。村上佳菜子(19)じゃ客は呼べない。口にこそ出さないが、フィギュア関係者はそう見ているのだ。
「真央は天真爛漫(らんまん)で、競技ではいつも冷や冷やさせるし、泣かせてくれる。日本人はやっぱり真央が大好きなんです。ジャパンマネーで潤ってきたISUにとっても、真央は金づる。かつてフィギュアの人気が高かった米国は今はさっぱりで、まったくカネにならない。ISUのチンクアンタ会長は、スケ連の橋本会長に『真央に現役を続けるよう是が非でも口説け』と本気で言ってくるのではないでしょうか」(前出の関係者)
スケート業界の事情に加え、真央は2歳上の姉のことも考えなければならない。姉の舞にテレビの仕事があるのは、選手の真央と「セット」になっているからだ。真央が引退すれば仕事は激減する可能性もある。
しがらみに縛られる人気スケーターは、18年の平昌五輪を目指すことになりそうだ。

本当に腹立たしい!
散々真央ちゃんで儲けてきたのに、してきた仕打ちは何!!!
最低なスケ連!!ISU!!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ふきたんぽぽ

Author:ふきたんぽぽ
人を騙すことは許せません

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。