スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生選手、おめでとうございます!

羽生選手、金メダルおめでとうございます。

つか、わたくしまだ演技を見ておりません。
録画しておいたのも、レコーダーの調子が悪く見られないし。
真央ちゃん、沙羅ちゃんなど生観戦していますと必ず結果が悪いので、今回は見ないようにしておりました。
そして金メダル!
わたくし、疫病神なのかしら


20140215-00000002-spnavip-000-0-view.jpg

20140215-00000001-jij_afp-000-2-view.jpg

20140215-00000028-jij_afp-000-1-view.jpg


羽生、悲願の金メダルも…第一声は「すいません、ホントに」
スポニチアネックス 2月15日(土)5時35分配信

 ◇ソチ五輪フィギュアスケート 男子フリー(2014年2月14日)

 大歓声を浴び、表彰台の中央に立った。フィギュア男子では日本人初の快挙。セレモニー後、インタビューに臨んだ羽生は、複雑な笑みで喜びを口にした。

 「緊張しました…すいません、ホントに。やっぱりオリンピックはすごいって思いました。結果として、すごいうれしいなと思う半分、自分の中ではやはり悔しいと思うところが結構あるので。オリンピックで金メダルを獲って言うのも何ですけど、ちょっと悔しいと思います」。

 フリーは178・64点にとどまった。重圧からか、納得のいく演技はできず、観客に見せた笑顔も控え目だった。目指した世界一は遠のいたと思った。だが、直後に演技したチャンも、得点を伸ばすことができず、羽生はトップをキープ。「とにかく驚きしかなかった。うれしいという感情はなかった。自分の演技が悔しかったんで」と振り返った。

 それでも、初出場の五輪で世界に衝撃を与えたことは確かだった。13日のSPでは国際連盟公認の大会で史上初の100点超えとなる101・45点をマーク。世界選手権3連覇中のチャンは97・52点。3・93点の差をつけ、プレッシャーをかけた。

 昨年12月のGPファイナルに続き、王者チャンを破った。そして、自身が五輪を目指すきっかけとなり、憧れ続けてきたロシアの皇帝プルシェンコは、腰を痛めてSPを棄権し、引退を表明した。その皇帝は話していた。「金メダルの可能性が一番あるのは羽生さ」と。その“予言”通り、世代交代を現実のものとしてみせた。

 この日で羽生は19歳69日。過去、五輪の男子最年少金メダル記録は、48年サンモリッツ大会を制したディック・バトン(米国)の18歳202日。この記録には及ばないものの、史上2人目の10代金メダリストとなった。

 「金メダル、早く見たいですね」。この日のセレモニーでは花束だけだったため、まだ手元にないメダルを心待ちにしつつ、羽生は少しだけホオを緩めた。



【ソチ五輪】羽生、成果実ったスタミナ強化、前半の失敗を取り返し頂点に フィギュア
産経デジタル 2014.2.15 10:29

 フリーの前半でミスが重なった羽生が逃げ切り、金メダルを手繰り寄せた背景には課題だったスタミナ強化へ積み重ねた鍛錬のたまものだった。

 【ソチ=田中充】直後に滑ったチャンの得点を確認すると、羽生結弦(ANA)は「オー・マイ・ガット!」と信じられない表情を浮かべて胸をなで下ろした。この日のフリーでは序盤にミスが目立ったが、ライバルも同様で逆転されなかった。遠のいた金メダルを再びたぐり寄せた。

 演技直後の苦悶に満ちた表情が演技の出来を物語っていた。冒頭の4回転サルコーでいきなり転倒スタート。直後の4回転トーループは成功したが、続く3回転が着氷で珍しく両手をつく失敗ジャンプになった。

 だが、6日の団体戦、前日の男子SPと過密日程で迎えた中での4分半のフリーは、ここからが正念場だった。

 序盤の転倒で失速した演技スピードを立て直すため、いつも以上に体力をふりしぼる。体が重くなる後半、5種類のジャンプを決め、大きな取りこぼしをせずにしのぎ切った。拠点のトロントで積み重ねた鍛錬の成果だった。

今季、課題のスタミナ強化に本腰を入れてきた。中学時代から逃げてきたというフリー演技の全体を滑り切る「通しの練習」。以前は週に1回やればいい程度だったものを、ほぼ毎日こなした。低酸素状態を作り出すために口をマスクで覆うなど、工夫もこらした。

 その中で、一つの感覚をつかんでいた。「スケートの体力とは慣れ。呼吸のタイミングや足の使い方は、疲れていても、こうやればいいというのを体で覚えた」

 終盤に演技スピードに陰りが見えても、最後までスピンの軸はぶれなかった。演技を終えると激しく肩で息をし、しばらく動けなかった。体脂肪はわずか5%。細身の体に蓄えたスタミナをすべて使い果たして頂点に立った。

 ■ブライアン・オーサー・コーチの話「羽生の演技は(彼の)ベストではなかったが、優勝するには十分なものだった。魔法のようなSPを終えて(フリーでは)少し緊張していたと思う。ジャンプと表現力を兼ね備えた羽生は、新たなタイプの選手だ」



【ソチ五輪】羽生、被災地にも思い「何ができたのかな、と」 一問一答 フィギュア
産経デジタル 2014.2.15 12:19

 日本男子フィギュアスケートで史上初めて五輪の頂点を極めた羽生は、はにかみながら心境を語った。(共同)

 --日本男子で初の金

 「本当にびっくりしている。日本男子初の金メダルだったので、そこはしっかり誇りに思わなきゃいけない」

 --フリーは苦しんだ

 「全然動かなかった。6分間練習から焦っていた。はっきりいって自分の演技に満足していない。終わった後は、金メダルは駄目かなと思った」

 --笑顔がないが

 「東日本大震災のことが一番大きい。僕は何ができたのかなと。(練習拠点を移すためカナダの)トロントに行って、震災が起きたところから離れた。こんなことで良かったのかなというのもあった」

 --今後の目標は

 「世界選手権(3月・埼玉)に日本の代表として選ばれているので、一生懸命やりたい」



【ソチ五輪】「日本人として誇らしく思う」 金メダル第1号の羽生 被災地へ感動届ける フィギュア
産経新聞 2月15日(土)13時4分配信

 【ソチ=田中充】66年ぶりとなる10代での男子王者に輝いた羽生結弦(ANA)が、いつもの柔和な表情で表彰台の真ん中に上がり、受け取ったブーケを右手で高々と掲げた。「日本人としてすごく誇らしく思う」。仙台市のリンクで被災した東日本大震災直後にはスケートをやめようと思い悩んだ19歳は困難を乗り越え、小学校の卒業文集に書いた「オリンピックで金メダル」を実現させた。

 頂点に上り詰めたフリーは“感謝の舞い”だった。「ありがとう」。日本から訪れた観客の声援に、演技直前のリンクでこうつぶやいた。

 「広いリンクで滑って、1人のためだけに歓声をもらえる。本当にうれしいし、そのことがスケートの魅力の一つ」。かつて、こう打ち明けたことがある。

 それだけ大好きなスケートをもっとうまくなりたくて、故郷の仙台を離れた。カナダ・トロントへ拠点を移したのは、震災翌年の大きな決断だった。震災直後に多くの支援が寄せられたことや、リンクでの声援に感謝を忘れたことはない。「自分はたくさんの方々に支えられて、この場所に立てた」。冒頭の言葉は自然と口に出た。

 バンクーバー五輪女子金メダルのキム・ヨナ(韓国)を育てたブライアン・オーサー・コーチに師事したトロントでの生活は、決して順風満帆ではなかった。

 父と姉は日本に残り、母と現地のアパートで2人暮らし。冬は冷え込むとマイナス20度まで下がり、日中は15度近くまで上がる。高低の激しい気温差に最初は体調を壊した。慣れない食生活にも苦しむ。持病のぜんそくで朝と夜に薬を飲み、加湿器も欠かせない。

 それでも、羽生は言った。「どんな環境でもベストを尽くせるメンタルが必要」

 それは競技だけではない。高校に通えなくなった分は、通信教育で机に向かい、昨春には早大の通信教育課程に進学した。今季も遠征中に授業で出された課題をこなす日々。海外メディアのインタビューには、習得を目指す英話でできるだけ答える。

 この日のメダリスト会見。海外の記者からも震災に関する質問が出た。

 何度も考え込むしぐさを見せた羽生は「そのことに口を開くのは難しい」と本音をもらした。そして、言葉を選びつつ、「金メダルを取れたからと言って、復興に直接的な手助けができるわけではない。無力感もある。でも、一生懸命にやって僕は金メダリストになった。できることがあるとすれば、ここからがスタートになる」。

 まずは、ソチで日本勢最初の金メダルで、大きな感動を日本に、そして故郷の東北に届けた。


皆さんミスが出たようで残念でした。
誰かが自爆しだすとなぜか連鎖するんですよね~。
「リンクのマモノ」なのか「ノーミスならトップかも?」と固くなるのか?
女子シングルではマモノは男子が連れ去ってくれたということで、神演技を期待します!

ともかくも、日本金メダル第1号が出ました。
これから競技するする皆さんはどうぞ気負わずに、のびのびと自分の競技、演技をしてくださいね。
これからも応援しています!(夢の中で…)





フィギュアスケート ブログランキングへ


more...

スポンサーサイト

熱い解説、いいじゃないですか!!

ノルディックスキー複合の個人ノーマルヒルで
渡部暁斗選手が銀メダルを獲得
おめでとうございます。

なんと20年ぶりのメダル獲得だそうです。

そして、熱い荻原兄弟が話題になっています。
荻原次晴キャスター歓喜&号泣 20年ぶり複合メダルに…兄健司氏も絶叫解説
デイリースポーツ 2月12日(水)22時29分

 ソチ五輪ノルディックスキー複合個人が12日に行われ、渡部暁斗(25)=北野建設=が銀メダルを獲得した。日本がノルディック複合でメダルを獲得したのは1994年リレハンメル大会以来、20年ぶり。ノルディック複合の元五輪選手で、テレビ東京のソチ五輪メインキャスターを務める荻原次晴氏(44)は、「20年ぶりのメダル」に、「おめでとう!」と号泣。お家芸復活に男泣きした。

 98年の長野五輪出場後に引退し、現在はスポーツキャスターを務める荻原氏。メーンキャスターとしてソチのスタジオで銀メダルの瞬間を見守ると、「暁斗(あきと)~~!おめでとう!」と歓喜の雄叫び。キャスターの立場というよりも、ノルディック複合の関係者として「日本の皆さん、応援ありがとうございました」と声援に感謝した。

 みるみる顔は興奮で赤くなり、「この20年間、ノルディック複合は、皆さんの期待を受けながら、メダルを取れなかったんです」と話し始めると、涙で声を詰まらせ、「本当に…苦しかったんです、ノルディック複合は…」と話すのが精一杯。

 左胸に入れていた白いハンカチを取り出すとあふれる涙を拭き、机に両手をついて、震える身体を支えると、後は言葉が続かず、須黒清華アナウンサーにフォローされた。鼻をかみながら、感激に浸るようにしばし沈黙した荻原氏は「ありがとうございました。暁斗、ほんとにやったな」と嗚咽を漏らしながらつぶやいた。

 渡部のハイライト映像のオンエアが終わり、スタジオに映像が切り替わっても、荻原氏の目は真っ赤。「いや、本当にありがとうございました。日本の複合は90年代、オリンピックでメダルを獲得して、その後、“日本のお家芸”と皆さんに言っていただいた割には、なかなか世界で結果が残せなくて、本当に苦しいシーズンが続きました」と長く、苦しい20年を乗り越えて獲得したメダルに、男泣きしていた。

 荻原氏は、後半のクロスカントリー開始前には、「ぼくの携帯に『だれかみたいに熱すぎる』『目が充血している』『ネクタイが曲がっている』とかどんどんメールが入るんですが、クールでいられるはずがありません!」と話すなど、松岡修造ばりに“熱すぎる男”を十分に自覚していた。

 この日は、92年アルベールビル、94年リレハンメル五輪の団体戦で2大会連続金メダルを獲得した双子の兄で、「キング・オブ・スキー」と呼ばれた北野建設スキー部部長の荻原健司氏が解説を務めた。

 健司氏も前半のジャンプで、渡部のジャンプに「よーし!よーし!いいぞー!」と絶叫するなど、熱すぎる解説がインターネット上で話題になっていた。





ソースは2ちゃんねるですが、

次晴、ガチ泣きの理由
1 氷河期に所属先が無くて引退しそうになった選手高橋の為に企業行脚したが、結局決まらずに
  一時、自分のマネージャーとして遠征費を工面した

2、議員になってた兄貴を口説きコーチ復帰させジュニアの為にスクールを創設(自腹)
  渡部兄弟はジュニア時代の教え子

3、旧所属先の北野建設に土下座して選手枠拡大

頑張ってたんやで


だそうです。

荻原健二さんたちが勝ちまくっていた頃は、ジャンプの比重が大きかったのです。
ジャンプの得意な日本選手はそこで大量リードして、苦手なクロスカントリーでリードを守り切って勝っていましたね。
それが、度重なるルール改正でジャンプの比重が低くなり、日本選手は勝てなくなりました。
しかし渡部暁斗選手は両方ともバランスよく、世界ランキングも2位。
本人の努力はもちろん素晴らしいですが、先輩方のすごい頑張りもあったんですね。
勝てなくなった日本の苦労、渡部選手の小さいころからの頑張り。
それを知っているからこそのあの涙。
選手、競技への愛や熱い思いに溢れていました。
「感動させてやろう」って演出されたものじゃなく、自然と溢れ出てくるものだから、こちらも見ていて感動するんです。

フィギュアスケートでも、イタリア解説はコストナー選手への愛にあふれていましたね。
日本のテレビ局もこういう放送できないんですかね?
日本の放送局が、日本人を絶賛応援しても、日本人からクレームがつくとは思えないんですが??




11:30の日本テレビのニュースを見ていて、キムチに被弾しました。
羽生選手絶好調

高橋選手4回転決められず

キム・ヨナ、ソチ到着時のインタビュー

まっちーは大ちゃんの時に名前がちらっと出ただけ。
キム・ヨナ、ソチ到着とかどーでもいいから。
まっちーもっと映して!
日本人のことをもっと映して!!

ここは日本です!!!


<追記>
荻原健司氏 初陣五輪解説で反省「空気に完全に飲み込まれた」
スポニチ 2014年2月13日 13:05
 スキーノルディック複合の五輪金メダリストでスポーツ・コメンテーターの荻原健司氏(44)が13日、自身のブログを更新、12日にソチ五輪で解説者としてデビューし、渡部暁斗(25=北野建設)の五輪銀メダルを解説したことを振り返り「次はもっと落ち着いた解説を心がけます」と反省している。

 荻原氏は「五輪解説は初」でしかも「そして、渡部暁斗が銀メダル。興奮してしまった」と振り返った。そして、解説者としても「五輪の空気に完全に飲み込まれた」と告白し「魔物がいた」と怖さをつづった。最後は「次はもっと落ち着いた解説を心がけます」と解説初陣を振り返った。

 荻原健司氏は渡部暁が所属する北野建設の部長を務めている。解説者としてテレビ中継に出演し「(日本の)キング・オブ・スキーは渡部暁斗と断言します」と称賛していた。

 双子の弟でテレビ東京の同競技現地キャスターを務めた荻原次晴氏(44)も喜びとこれまでの苦難の20年を振り返り、12日の生放送中に人前はばからずうれし涙を流していた。


反省しなくていいですよ!
ラージヒル、団体とガンガン応援解説しちゃってください!



動画主の皆様、ありがとうございました。


人気ブログランキングへ





角野選手8位入賞おめでとうございます&スポーツマンシップ

ソチオリンピック初めての決勝種目、スノーボードのスロープスタイル男子で角野友基選手が8位入賞しました。
おめでとうございます!

20140208-00000091-jijp-000-1-view.jpg


初めて見ましたが、すごい回転ですね!
普通の人が見るとこのできない世界なのだろうなあ。

私おばちゃんなので、背中が出ている選手がいると「あの子につなぎの下着買ってあげて!冷えるから!!」とか思っちゃいましたw。

家事の合間に見ていただけなのですが、印象的なシーンがありました。
この競技は暫定3位までの選手が、フィギュアで言う「キス&クライ」で後から滑る選手を待っています。
3位になった選手が滑り終わった時に、待っていた3人がガッツポーズをして迎えたのです
待っている選手達は、その選手がいい演技だったのはよくわかるはず。
もしかしたら自分の点が抜かれるかもしれないのにです。
勝ち負けより、よい演技を讃える姿勢に感動しました。

これからはじまるすべての競技でこういった姿が見たいと思いました。





スポーツ ブログランキングへ





05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ふきたんぽぽ

Author:ふきたんぽぽ
人を騙すことは許せません

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。